アレルギー検査をするだけでは意味がない?!その結果のヒントを導き出せなければ検査自体が自己満足で終わってしまいます。アレミッケは【無料】で分析結果よりフードコーディネーターがオススメをアドバイス!
分析結果よりあなたの気になっているフードの種類から現在の一番理想に近い(その中でアレルゲンが低いフード)を御提案します。【日頃与えているフード】【与えたいと考えているフード】【気になるフード】(ご家庭で購入可能なフード)を2つ以上、最大5つまでご記入いただき検査結果からフードマイスターが、その中でアレルギーの少ない『オススメ順』をお伝えします。
【フード選びのワンポイントアドバイス】
ペットフードには保存料や添加物も入っておりアレルギー反応がまったくゼロである可能性は低く、またドライフード等は自然災害などの際も重宝する食事です。アレルギーの可能性があるから「だめ。」「与えない。」ではなくその中でどのフードが最善であるかを見極める事が現実的な考えであると思います。検査結果からアレミッケでコレがオススメだというフードが仮にあってもそれが購入・入手が難しいメーカー、種類であってはあまり意味がありません。飼い主が選ぶ入手可能なフードをご記入ください。
※同梱のフードマイスターサービスの用紙にご記入ください。メール、お電話ではお受付しておりません。
※本サービスはアレミッケお申込者様、1度のお申し込み時に1回までとなります。
※未記入時にこちらからメーカーを記載、及びご案内することはございません。御了承ください





記入いただいたフードの中からフードマイスターがオススメ順を記載。一番下にオススメの食品(食材)を各項目(肉、野菜、果物)3個前後を記載致します。
※検査結果により記載の数、または記載ができな場合がございます。


フードマイスター結果表イメージ
アレルギー検査結果のイメージはこちらから
その他 検査結果後のペットの食事や生活環境の改善について
◆検査結果に食物アレルゲンが出たら、約8〜12週間、ペットに食物アレルゲン抜きの除去食を与えます。除去食には、家庭で手作り、または市販のペットフードでアレルゲンの入っていないフードを利用してもよいでしょう。除去食を与えているとその除去食の成分に対するアレルギー反応を起こさなければ、症状はよくなります。すべての食物アレルゲンを特定するためには、症状の再発や悪化に気をつけながら、除去食に1種類づつアレルゲン候補の食物を1〜2週間間隔で加えてください。症状の再発や悪化が見られた場合は、そのアレルゲン候補の食物が原因です。原因となった食物を食事から取り除いてください。
◆環境にアレルゲンが出た場合は、可能な場合はアレルゲンを除去をし、極力そのアレルゲンへの接触を避けてください。