アニマルクリニックピュア 院長 長 真帆 コラム

アニマルクリニックピュア 院長 長 真帆
日本ホロス臨床統合医療機構、バイオレゾナンス振動測定医


「うちの子、あのオヤツを食べるとなんとなく調子が悪そう」。
どこか心当たりがある飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
蕁麻疹が出るなど目立つ症状が出ればわかりやすいですが、慢性的な身体の不調がだらだらと続くこともしばしばです。
原因としてその背景に食物アレルギーが隠れていることもありますが、動物病院でのアレルギー検査(Ig E抗体検査)で原因物質を特定してもなかなか症状の改善に至らないこともあるようです。
近年になり日々食べているものに対する“不耐性”が関係していることも多いと言われるようになりました。
 
そもそも不耐性って?
食物アレルギー=食物不耐性ではありません。
私たちヒトでの身近なわかりやすい例のひとつが“牛乳が合わない体質”です。
不耐性とは「特定の食物を適切に消化または完全に処理することができない状態」と定義され、主に消化管で起こる反応でごく少量の物質で症状が出ると言われていますが、この説明だけだとよくわからないですよね。
ではなぜ食物を消化しきれないことが問題なのでしょうか。
食べた物が体内でうまく消化されないと食物中のタンパク質が残ってしまいます。
このタンパク質のかけらを身体が「敵であると認識」してしまうと炎症を引き起こし様々な問題や症状を引き起こします。
また、アレルギーと同じようにどの食物に対して不耐性を持つかはその子によって違ってきます。
おうちの子が普段食べているフードは本当の意味でその子に合ったものでしょうか。
 
お腹が弱いのは不耐性のせいかも
そんな不耐性ですが、いったいどのような症状が見られるのでしょうか。
不耐性は消化と深く関わっているので胃腸の症状が出ることは想像に難くないと思いますが、胃腸以外にも実に多くの症状を引き起こすことが知られています。
胃腸症状
腹痛、軟便、下痢、血便、嘔吐、便秘など。
皮膚症状
痒み、蕁麻疹、腫れ(浮腫)、発赤、湿疹など。
呼吸器症状
鼻水、くしゃみ、咳、喘息、気管支喘息など。
 
その他にも摂取することができる栄養の偏りから栄養欠乏症、肥満症のリスクも増加し、その蓄積が二次的に糖尿病などの大きな病気につながるきっかけにもなり得ます。
「たかだかフードがちょっと合わないぐらい」と甘く考えない方がいいかもしれませんね。
 
不耐性を知る意味
近年ではグルテンフリーやグレインフリー、原材料がヒューマングレードなど様々な特徴を持ったフードやおやつが数多く販売されています。
おうちの子の健康を考えて、日々食べているフードやおやつにも気をつけて良いものを選んでいるという飼い主さんも多いですよね。
しかし、そういったこだわりご飯が必ずしもみんなにいいものとは限りません。
ではどういったフードがいいのでしょうか?
その答えの1つは不耐性を知ることにあります。
不耐性を引き起こす原因物質には、乳製品、穀物類、卵、肉類、フルーツ、野菜、ナッツさらに食品添加物、色素、保存料など多岐にわたります。
その子によって何に不耐性を持つか異なるので当然、体に合ったフードもその子によって変わります。
みんなのためにこだわって作られたフードではなく、その子の体に合ったものを選んであげることが健康を維持する上でとても大切です。
アレルギーについてはよくご存知の飼い主さんも多い反面、不耐性についてはまだまだあまり知られていません。
知っているだけ予防できることもある、ぜひ一度アレミッケでおうちの子が何に不耐性を持つのか知ってあげましょう。
 








ショッピングガイド

SHIPPING 配送・送料について

普通郵便
配送料全国一律無料

RETURN 返品について

不良品
商品到着後速やかにご連絡ください。商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承ください。
返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。